通すだけ車検のデメリット

Category: 自動車の整備
こんにちはー!!
ケイズグループです*\(^o^)/*

さて、皆様は『通すだけ車検』というのを聞いたことがありますか?
その名の通り、車検に合格すればいいという流れで、
電気類が点いているか。
ブレーキがきいているか。
オイルが漏れていないか。
など、外から見える部分と、機械での検査で問題がなければ、合格、つまり車検に通ったという事です。
『それだけで充分なんじゃない?』
と、思う方もいらっしゃると思いますが、ここからが通すだけ車検のデメリットです。

まずはこちらをどうぞ



こちらは、ブレーキパッドといってブレーキをかける上でとても重要な部品です。
続いてこちらをどうぞ



こちらは後ろのブレーキですが、真ん中の黒いゴムからオイルが漏れているのが確認できると思います。
上記で説明した内容は、通すだけ車検では発見できない部分です。
このまま放置しておくと、余計な部品まで変えなくてはいけなくなってしまいます。
車検が通ったから安全、ではないのです。
車検とは、ただ2年間その車を乗っていいですよ、という事です。
僕達はそれに、安全をお付けして、お客様へお返しします。
是非、車検の際はケイズグループでのご利用お待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

福岡県の国産車・輸入車・中古車・新古車の格安販売
園児バスレンタル・販売のご相談はケイズグループまで!
電話0948-52-8880

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。